Home リーダー訓練法

リーダー訓練法 Leader Effectiveness Training (L.E.T.)

実行可能なツールとスキルを使って、職場における人間関係の問題や対立を解決、予防します。
人間関係の問題に時間を取られる場面が減少し、管理職の生産性の向上、 ひいては従業員の
生産性の向上に貢献します。

1、一般向L.E.T.ワークショップ

2、Effective Communication at Work (一日コース)

 講座の開講日程は、現在調整中です。
 開講についてのお問い合わせ、ご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

職場の生産性、効率性を高める

sample

L.E.T.は、個人間のコミュニケーション能力と対立場面の解決スキル能力を徹底的なスキル・トレーニングで習得するものです。

L.E.T.を通して、管理職の方々はゴードン・モデルに則ったコミュニケーション・ツールと対立解決ツールを体得し、部下の行動、習慣、信念などにポジティブな影響を与え、職場の生産性、効率性を高めることが可能です。

 

一般向L.E.T.ワークショップ(英語版、通訳版および日本語版)

sample

L.E.T.のワークショップは、Gordon Training International社によ
り訓練を受け、許可されたL.E.T.認定トレーナーにより行なわれます。

L.E.T.のワークショップは、モデルに関する講義(プレゼンテーション)、受講生によるロール・プレイ、1対1のコーチング、小グループ・ディス
カッションとワークブック演習からなるスキル・ビルディングに焦点を
当てた3日間コースです。

※Good Finder Houseでは日本語版のみです。

アクティブ・リスニング、行動の窓、I-メッセージ、No-Lose対立解決法を用いた 実践的コミュニ
ケーション能力の習得を目指します。

  1日目: イントロダクション、行動の窓(問題の所有権)、リスニング・スキル

  2日目: アクティブ・リスニング演習、問題解決プロセス、
        対立解決プロセス(You-メッセージ、I-メッセージ、ギア・シフト)

  3日目: ギア・シフト演習、対立(メソッドT&U、パワー、メソッドV)、価値観の衝突

アクティブ・リスニングとは・・・

相手が話している内容を理解し、相手に理解した内容を返していくリスニングの技法のことです。
アクティブ・リスニングを行なうことで、相手は自分のメッセージが理解されたことを確認できます。
もし理解していなくても、相手はそれを正す機会を得ることができます。

一番重要なのは、このアクティブ・リスニングは、あなたが相手の考えや感情を受容していることを
伝えるものであるということです。

行動の窓とは・・・

すべての人間関係において問題が起きないことは皆無です。

ゴードン博士は、グラフィック・ツールを用いて、これらの問題を正確に把握する方法―――誰が
問題を所有しているのか、そして、どのように解決するのか―――を提供しました。このグラフィック
ツールのことを『行動の窓』と呼びます。 そして、『行動の窓』 を使って、どのコミュニケーション・
スキルをいつ、どのように使ったらよいかが理解できます。

これを理解することで、人の性格タイプを理解しようとか、懲罰を与えようとか、不必要なことを
回避することができます。

受講時間 / 受講料

 時間:全21時間 / 受講料: 157,500円(税込)

 

Effective Communication at Work (一日コース)

受講料

 52,500円 (ワーク・税込)

@ 職場の人間関係
sample

・私の人間関係ネットワーク

・既存の人間関係の問題についての調査

・行動の窓

・問題の所有権

・行動の窓で行動の位置を確認する

・誰が問題を所有しているのか?

・このスキルをどのように応用するか

A リスニングスキル

・12のロードブロック

・ワークシート

・コミュニケーションを阻む ロードブロック

・ロードブロックの重要なポイント

・メンバーが自分の問題を解決するための支援スキル

・アクティブ・リスニング(適した条件、導入、やって良いこと悪いこと、利点、演習、演習の鍵、
一般的なミス、私の生活への応用)

B 対決するスキル

・Iメッセージ(対決的Iメッセージ作成のガイドライン、やって良いこと悪いこと、演習、
私が送りたいIメッセージ)

・ギアシフト

・私の生活への応用

・『戻って修復する』方法

・Be Your Best 推奨図

ページトップへ
親業 2003-2009 Copyright (C) Katsuyo.Good Finder House All Rights Reserved.